2007年3月20日にこの冬本格的に雪が珍しく積もった。南小学校の生徒の通学交通指導に毎朝黄色い交通安全の旗を持って立っている寺原さんがワザワザ教えてくれた。早速カメラを持ち出して国道10号線の名貫陸橋の上から尾鈴山の珍しい風景を写した。昨日お昼ごろから小雨が振りだして寒かった。まさか山に雪が降るとは誰も思わなかっただろう、「今日は朝から尾鈴山の雪を見ましたか」がきょうの真っ先のご挨拶の言葉だった。(^▽^)アハハハー♪

尾鈴山に雪が
2007年3月20日
中央の山が尾鈴山
今年は暖冬で尾鈴山にも雪らしい雪は降らなかったが、暑さ寒さもお彼岸までと言うが、之でほんとの春が来る

今年は東京・福岡・などの方が桜開花が早い、宮崎は遅くなる。気象庁も暖冬だから寒い日が来ないから宮崎は桜開花が遅いと発表した。

毎年宮崎が一番早い桜開花予想が発表になるのが順当なのだが、宮崎が遅くなると言うから 「気入らなかった」
南小学校の体育館の屋根から見える尾鈴山
奥に白く見えるのが尾鈴山連山、奥の方が一面に北の方から南の方まで一面白くなっていた。

中央の黒くなっている所が尾鈴山の手前にある「おだて」
山だ、其の手前の青い屋根が南小学校の体育館・右下が南小学校の校舎が少し見えている。

この尾鈴山を写した時間が午前7:30分だった。
30分後の尾鈴山
午前8時の写真です、朝ごはんを食べて居る間・まだ30分しか過ぎていないのにもう朝日を浴びてこんなに解けている

このお天気では正前10時には「解けて流れての〜え」
でなくなってしまうだろう。

交通指導で交差点に立っている寺原さん、が教えてくれなかったら、素晴らしい雪景色も見損なうところだった
朝日にまぶしいワイナリー
陸橋から北方向を眺めたら尾鈴山連山の低い山の中腹に当る牧内山に都農ワイナリーが朝日を浴びてひときわ輝いていた

都農ワイナリーは国道10号線からもまっぽす見えるが
此処からの眺めもとっても素晴らしい所

都農町の町全体が見渡されて、太平洋の水平線までも海が素晴らしく見え、遠く宮崎のシーガイヤまで見える
太平洋
逆光線でハッキリ分らないが、朝日に照らされて赤く白く光っている太平洋が陸橋の上からも見えている。

人家の屋根の上に太陽熱湯沸しが見えその次が防風林が立って見えている奥が電線のところ迄が海であるが
太陽で明るく光っているの見えにくい

宮崎県は太陽に国と言われている。何処の人家の屋根の上にもこの太陽熱湯沸しが屋根の上の付いている

夏になると熱くて水で薄めてお風呂のシャワーに使ったり風呂に使ったりするので、ボイラーの灯油が安上がる
地方ニューストップBBSへ
トップページへ