2007年4月29日尾鈴山の山開きには300人からの参加者だったが、カサブランカ・レディーの休日都合で一人で登る。今年の石楠花の花は綺麗に咲いているだろうか>(ζ∵、)>???・・・ミツバツツジに会えるだろうか>(ζ∵、)>???・・・と思いながら山に車で行くと登山口には5〜6台の先客の車が止まっていた。キャンプ場の駐車場には遠い所から観光バスで本格的な登山の準備をしている男女が20人位早々到着していた。石楠花とミツバツツジは裏年で今年は咲いていなかったが、今年のようにアケボノツツジが一杯咲いているのに出会えたのは嬉しい出来事だ

アケボノツツジ
2007年5月

アケボノツツジ
尾鈴山のアケボノツツジは大木で背が高く見上げて見なければならない。

大きな岩でもあり、登って上から眺められるならもっともっと素晴らしい写真が写せているだろう

この山頂まではしごを持って来る事は出来ない(爆)

私は地面の落ち葉の上に寝っ転がって眺めながらカメラを構えて写した(〃^∇^)o彡☆アッハハハァー
遠くに祖母山と傾山を見て
うっすらと山並みの上に頭を出していたのだが、写真を小さくすると見えていないのが残念。

遠く肉眼では飛び抜けて祖母山と傾山が見えている
尾鈴山は見晴らしの良い場所が少ないが此処の
長崎尾から尾鈴山頂に向かって少し降りた所に
大きな岩があり、上からは牧水の里から、
遠くの山並みが綺麗に見ええる場所がある
アケボノツツジ当たり年
尾鈴山の石楠花の花は3年か4年に一度当り年があり当り年にはそれは素晴らしい石楠花の花が咲く

ミツバツツジはこの時期は毎年のように素晴らしいお花が見られるのだけど、今年は咲いていない

地球の異常と温暖化か異常気象の影響か解らないが今年のように咲いていない年も珍しい珍事だ。

異常気象が当ったのかこのアケボノツツジが尾鈴山にこんなに咲き誇る事は又珍しい。
多くのアケボノツツジは初めて
何回も尾鈴山のお花に会いに登っているが、こんなに一杯咲いていたアケボノツツジに出会うのは今年初めて体験してびっくり・・・・

尾鈴山にもこんな素晴らしいアケボノツツジが一杯有るとは知らなかった

この時期は石楠花とミツバツツジの群生が見物だけに異常気象のお蔭で花の色が違うアケボノツツがこんなに一杯咲く事も分った。。d(*⌒▽⌒*)b。 ニコニコッ 
地方ニューストップへ
カサブランカ・レディートップページへ