2008年平成202月5日にホームページからの発送準備に栽培現場の作業所に行ったら見なれない観光バスが停車していた。早速何時も私と一緒に乗車しているカメラを持って尋ねたら福岡から15人で球根会社の案内で
作業所やハウスなどの見学に来ていた。皆合わせたら20人は居ただろうか>(ζ∵、)>???・・・男前の男性ばかりで一寸恥ずかしい思いをしながらシャッターを押し今日は良いネタが出来たと満足しながら帰った。(^ー^* )フフー♪

2008年2月(福岡から視察団来る
栽培現場に来て見たら
送りの準備で栽培現場の作業所に来て見たら見なれない人建がうろうろと(笑) 之はHPのネタになりそうだ(爆)

カメラを持って知り合いに「何事ですか?」
「福岡から視察に来ているのです」
福岡の久留米と八女から百合栽培の生産者の人達だ
横浜植木会社の案内人
横浜在住の横浜植木会社の西尾さんです

日本の百合栽培をしている人達の百合球根を海外から纏めて仕入れする商社関係の仕事をする西尾君でしょう

観光バスを先導して一緒に連れて案内していた人です。日本の百合球根を海外から大量に輸入する会社です
個人で球根を輸入してもトラブルの元らしい、球根輸入は本職に任せればトラブッテも心配なし ( ̄ー ̄)ニヤリ

ハウスの外から
ハウスの外でのんびりと集団で立ち話してるから、何事かと思うよ、作業服は着ていないからね(^▽^)アハハハー
別ハウスの中
又次の別のハウスへ、此方の方も一年間に何回も研修に行ったり視察に行ったり、お互いの情報交換をしながら、日本の百合栽培が発展していく為に、海外に負けないよう競争しながら頑張る生産者達です。

カサブランカ・レディーの現場の3代目も、毎年のように海外まで視察や研修などに行っております。
育成中の百合苗のハウスの中
ハウスの中を視察してる様子を写そうとカメラを持って入ったらレンズが曇り何度レンズを拭いても直ぐに曇る
作業場の中に
外を彼方此方見学した後は作業所の中に、今日はハウスの球根植えで作業はしてない、誰もいない

作業所の片隅の陽だまりで猫が4匹留守番をしていた。
此の後一行は球根植えをしているハウスへと移動する
球根植えているハウスの中
ハウスに入り球根植え付けの現場で球根植えを見ながら話し合いはつづく・・・・此処まではよかったが履物が作業靴のようには行かない(爆)

視察の後は何処かで昼食をして福岡に帰ると言うが
さぞかしバスの中は土が付いた靴で(/_;)(/_;)アァー・・・
中まで入って行った
視察と言えども作業靴を履いている訳ではないのに、耕運機で耕してふわふわしている畑の中へと進む、作業している場所まで・・・私も靴の中まで土が入ったので見学した人達も靴が汚れただろう(^▽^)アハハハー♪
栽培現場へ
トップページへ