2007年7月30日栽培現場作業所の建設がその後どうなっているかとカメラを持って出かけてみたら、丁度10時の休憩時間だった。作業所も形は出来上がっていたがまだ2階に荷物を上げる場所の溶接をしている作業員さんが居た
従業員さんさんの住居となるお部屋も出来上がってるかと思ったら、早々に引越しが済んでいたので写す事は出来なかった。(笑)ハウスの仕事をしながら作業所の建設だからか>(ζ∵、)>???・・・まだ完成していない。この日も荷物の上げ下ろしの場所を作っている様子で溶接をしていて火花が飛び散り花火のようだった(笑)

7月の現場
2007年7月

10時の休憩
朝10時と午後3時に休憩時間があり、この時も作業所でお茶を飲みながら楽しく笑っていた。

人数の多いときは仲間に入るのは恥ずかしいから遠慮しているが、この時は少人数だったから一緒にカメラに写させてもらった。(^▽^)アハハハー♪

3代目の若奥様チドリさんに若い乙女さん達は19歳が2人20歳が1人男性は1人もう一人若い男性がいた。

ハウスの仕事は今の時期はとても暑い汗・汗・汗で顔も洋服も髪の毛も汗で濡れて光っているがノーメークで頑張っている姿には頭が下がる

仕事が無いなどと言う世の中にこんなに頑張ってる娘さん達もいることを是非紹介しておきたい
新旧の作業所が繋がり
半分は古い方の作業所手前の半分が新しく今年建てた作業所、新旧をつなぎ合わせて広くなった作業所

2階は作業員の住居となり、又倉庫として化粧箱の組み立て作業所として使われる。
ハウス内に畑に水を張り
毎年の事ながらこのハウス内には水を張り土壌消毒中でハウスの中は眠りに付いてます。

ハウス・ハウスにより交代交代に次から次へと、夏の間に、秋から球根栽培にかかる前に土壌消毒を一年に一回は灰汁抜きとして行われる。

このままにジーーーーーーと・・・・・・・・・1ヶ月以上水を入れたままにほったらかして置きます。
ハウス内は自然太陽熱の消毒
此方のハウスない一面にビニールを土地の上に張り、天井もビニールが張ってあり、入り口も閉め中の温度は何度くらい有るのだろう>(ζ∵、)>???・・・

夏の間太陽の国と言われる九州の宮崎では、この太陽を利用して土壌消毒をする。ハウス内は締め切り、中に入られない。太陽熱消毒である

保育園の子供を車の中に締め切り置き去りにして死亡させた事件を思い出す(≧∇≦)
ハウス内はおそらくそんな状態でしょう
地方ニューストップへ
カサブランカ・レディートップページへ