2007年6月6日栽培現場の作業所の同じ屋敷ないの住宅にカサブランカ・レディーの母が92歳でまだ元気にしているが、髪の毛が伸びているので散髪に行ったら、作業所では西部航空の運送業の車がお花の積み込み作業をしていたので、カメラでパチリ、パチリ。d(*⌒▽⌒*)b。 ニコニコッ 。変ったおばさんがカメラを持って写してると思っただろう(* ^-^)ノ(* ^-^)ノフフフフー協力的に接してくれて嬉しく気持ち良く感じ良かった(^ー^* )フフー♪

百合の花の発送
2007年6月(百合花の発送)
作業所に横付けで
用事で栽培現場の作業所に行ったら、カサブランカの発送の為にお花の入っている化粧箱を車に積み込み作業を若い運送業の人達が来ていた。

大型の車1台と中型の車が2台が作業所に横付けで午後2時30分ごろ止まっていた

積み込み作業を終えた
大型の車は何処の花卉市場へ行くのか行く先により車に乗せる化粧箱が違うようだ

若い人達が働く姿は見るだけで気持ちいい感じ
今日の出荷がこの大型車一杯と、後中型車2台に
摘み分けられて発送していく。

栽培現場の作業員は作業所には誰も居ない、皆は畑の百合の球根の植え方か>(ζ∵、)>???・・それともハウスの管理作業をしているのだろう
寸分の隙間なく
古い作業所の隣の新しい作業現場ではコンクリートの作業をしている人がいたが、

誰も居なくても積み込み専門の運送業の作業員さん達はお揃いの作業服で何時もの作業で慣れたもの

重たい大きい百合の箱を順序良く、大・中・小・と3段重ねが有るやら2段重ねが有るやらを、手順良くこの車に並べるにはベテランでも頭で計算するのだろう

いい加減に積み込むだけでは隙間が出来て多くは積み込む事は無理だろう。
中型車は
中型車は新旧の作業所の中に入り込み別の出入り口に積み上げてある化粧箱を積み込みしていた

前に聞いた時は中型車は九州館内の花卉市場行きと聞いた事があるが、時期により行く先の量にもよるだろうが、今日はゆっくりお話聞く暇が無かった。

「インターネットに載せるからね」と言ったら、何処に????「カサブランカ・レディー」か「百合ちゃん」で検索したら出てくるよ(^▽^)アハハハー♪
照れくさそうに笑って作業は続行していた
トップページへ
栽培現場へ